レンタル収納事業をバックアップする管理システムならタイガーエイト

情報源を一括管理

汎用性の高い大手メーカーの会計ソフトを使いながら、顧客データ等を独自に準備するケースは少なくありません。しかしながら、月次処理の発生するきわめて大量の小額契約を処理する必要のあるレンタル収納事業において、管理データを独自に用意する場合には注意が必要です。なぜなら、個別に用意されたデータには重複箇所が存在し、ひとつの作業をおこなうのに2度手間3度手間が生じてしまうケースが少なくないからです。

タイガーエイトは、データを一元管理するので、ロスのない合理的な作業が可能となります。

PAGETOP