レンタル収納事業をバックアップする管理システムならタイガーエイト

レンタルボックス

レンタルボックス事業

都心部のように駐車場で収益を見込めない郊外の土地においては、建物を建てて有効活用する手法が一般的です。しかしながら郊外地を活用する手法の筆頭であるアパート経営も、競争の激化や人口の減少によって、運用の安定性に陰りが見えています。

レンタルボックス

こうしたなか、コンテナを利用したレンタル倉庫が注目を浴びています。移設が可能なので、参入と撤退が容易で、時代の変化にも柔軟に対応できます。また、オペレーションコストが極めて低く、また、稼働率が比較的安定しているので、事業性にも優れています。
こうした理由から、レンタルボックスの市場は拡大しています。

PAGETOP