レンタル収納事業をバックアップする管理システムならタイガーエイト

レンタル収納事業について

不動産活用の側面より

レンタルボックス事業

リーマンショック後、実物資産としての不動産が見直されています。その半面、競争激化や供給の偏りなどによって、その運用は決して安定したものではなくなっています。

こうしたなか、トランクルームへの用途の転換が注目を浴びています。古い建物は、パーティションで区切って屋内型のトランクルームに。また、空きが目立つ郊外の月極駐車場は、コンテナを活用することによって、屋外収納型のトランクルームとして活用することができます。

レンタル収納事業の利点について

レンタルボックス事業

トランクルーム市場が拡大している大きな理由のひとつは、比較的参入が容易であることにあります。

ほかの不動産活用プランに比較すると、ずっと安いコストで事業を開始することが可能です。
また、物販やサービスを提供する事業に比較すると、オペレーションコストがはるかに安く、継続した収益が見込めるので、事業の安定性の面ではきわめて大きなメリットがあります。

確実なニーズ

欧米諸国と比較して、きわめて狭小な日本の住宅は、トランクルームに対し、確実なニーズが存在することを示しています。
また、中国をはじめとしたアジア諸国で生産される商品が気軽に購入できるようになったことから、多くの家庭でモノがあふれる状況に拍車がかかっています。

さらには、価値観の多様化によって、住まいや家財との付き合い方も様々となっています。もちろん、企業の倉庫ニーズも存在します。

PAGETOP